So-net無料ブログ作成
検索選択
上海>>西塘 ブログトップ
前の10件 | -

卷帘门 / Juanlianmen [上海>>西塘]

shanghai_306.jpg




西塘のそこここに、やたらとあった”板”



いたるところで壁に立てかけてあって
紐でくくってあったり、チョークで数字を書いてあったり。


最初「なんでこんなに板が?板好きの街?」と不思議だったけれど
歩いているうちに、この板は”シャッター”だということがわかった(ノ∀`)

板の上と下を溝にはめこんでいく方法で
たしか左右にもホゾが切ってあったと思う。
数字が書いてあるのは、並べる順番。


* * *

朝いちばんに庭の畑の台風の準備。
青いトマトが鈴なりだし、周りに風を遮るものがないので、
防風ネットで囲んでみる。

やったらやったで、支柱ごと引っこ抜けて野菜たちに突撃したりしないかとか心配(キリがない。笑)

きちんとできてるかは不明だけど、やれるだけのことはやったから
達成感満載(´∀`*)


◇6/19 18:08 追記◇

結局防風ネットは心配どおり(支柱ごと引っこ抜けて・・・)になってたので
「身をゆだねる」作戦に変更(笑)






( iPhone × TiltShiftGenerator )

nice!(16)  コメント(4) 

二楼 / Erlou [上海>>西塘]

shanghai_329.jpg




”二階”の風情。



観光地のとある路地。
一階は店舗でも、二階は生活の場所。
洗濯物や、木の窓枠、防火壁の飾り、軒の風情。


・・・そうそう、なんで洗濯物をこんなに人目につくところに干すかっていうと
家の中は一年通して、湿気がこもっちゃってダメなんだって。
フツーの人がエアコン買えるようになったのも最近だしね。
それでも「やっぱり洗濯物はお日さまの光で干さなきゃ!」というのは鉄則。
(うちは使わないシャワールームに干してて、よく心配された。笑)






( OLYMPUS E-510 )

nice!(22)  コメント(6) 

老大娘的沉思 / Laodaniang de chensi [上海>>西塘]

shanghai_773.jpg




物思いにふける @ 西塘



中国語で”老婆(laopo)”というと、「奥さん」「女房」「ヨメ」という意味。
どんなに若くても年齢は関係なく、”老婆”。

”太太(taitai)”という言い方もあるけれど
これだと「奥様」というニュアンス(*´ω`*)
”夫人(furen)”という言い方もあるけど、これはちょっと硬い言い方。


そして、”老婆”に対する「ダンナ」的な言い方は、”老公(laogong)”。

すこし中国語を話すだけで、さほどではなくても
中国の人たちは「中国語うまいね」とほめてくれる。
外国人が中国語を使ってくれるのが嬉しいから、よく言います」と
中国語の先生は言っていた。
つまり社交辞令(笑)

日本語が上手い外国人に、日本人も同じこと言っちゃうから
その気持ち、すごくわかる(笑)


でも”老公”を使うと、なぜか盛り上がってくれて、
そのあと距離が縮まった(*´ω`*)


わかるような、わからないような、、
やっぱり今でもわからない。
魔法の仲良しワード?

コトバの意味ってどんどん変わるから、
知らずにヘンなコト言ってなきゃいいけど(ノ∀`)

(西塘のお婆さんは物思いにふけっているので、そっとしておきました。)






( OLYMPUS E-510 )

nice!(16)  コメント(6) 

喝茶 / Hecha [上海>>西塘]

shanghai_770.jpg




ちょっとお茶を飲む。



タッパー風の水筒にお茶っ葉を入れて
合間合間に飲むように準備しているのは
よくみかけた光景。

カルフールで水筒コーナーに行くと
ほとんど茶漉しがついている。

水筒じゃなくて、ラー油の空き瓶を水筒にしてる人もいた。
あ、そうか、蓋ができればいいもんね、と思いながら見ていた。






( OLYMPUS E-510 )

nice!(16)  コメント(3) 

三轮车之风光 / Sanlunche zhi fengguang [上海>>西塘]

shanghai_772.jpg




輪タク、客待ち @西塘






子供の”せつない”満載。

夕焼けを見ながら、ひとり家に帰る道。
よくわからないまま、さみしさを飲み込んだ日。

・・・そんな類の。
遠いあの日の、忘れてた自分のさみしさが甦ってくるよう。






( OLYMPUS E-510 )

nice!(20)  コメント(5) 

打麻将 / Da majiang [上海>>西塘]

shanghai_771.jpg



麻雀中 @西塘



西塘でも新場でも
お休みの日の大人の楽しみ
・・・という感じだった。

多分上海の街なかでもやってるんだろうな、と思うけど
私は見かけなかった。
でも、きっとやってる。

うちはゲームの好きな家庭で子供のころトランプやら麻雀やら、
百人一首もソレらと同列の扱いで、その他いろいろ鍛えられた。
トイレに座ると目の前に、麻雀の役表が貼ってあったのも特色的(笑)
もうずーっとやってないけど、おかげで、まだ役は覚えてたりする(ノ∀`)
(百人一首は不思議と少ししか残ってない。きっと宿題でもあったからだと思う。笑)

上海の街かどで麻雀してたら、いつでも参戦できる・・・かも?と思ってたけど
そんなことに限って、そんなオープンな雰囲気の場面には出くわさなかった(ノ∀`)


ところで、日本は”雀”の字を当てるのに、中国は”将”なんだなぁ。
(ふぅん、そうなんだ、と思った次第。それだけ。笑)





( OLYMPUS E-510 )

nice!(19)  コメント(4) 

葱盆 / Congpen [上海>>西塘]

shanghai_774.jpg




葱。



「日本の葱は太いですよね」と
中国語の先生に言われたことがある。

「太いのもあるけれど、青くて細いのも使いますよ」と言ったら
なぜか面白くなさそうな顔をされた(ノ∀`)

そんな変わってる葱を使ってるのなら、
もう少し白葱について熱く語ってほしかったのかもしれない(笑)



中国では太い白葱をまったく使わないのかどうなのか不明だけど
上海で買った青葱は、細くて少し硬くて、思いの外からい。
こんなに細いのに、口に入れると、
たくさん葱を食べた気持ちになる(笑)


ローカル市場では、青葱をタダでつけてくれるという話を聞いたことがあるけど
使わなくなったもの(大体ホーローの洗面器)を鉢にして、
育てているのをよく見かけた。





( OLYMPUS E-510 )

nice!(15)  コメント(9) 

越来越 / yue lai yue [上海>>西塘]

shanghai_298.JPG




「このことばは日本語よりも中国語のほうが美しいなぁ」と思うことばが
まだまだ浅い知識の中でも、いくつかある。

たとえば「越来越= yue lai yue」。
日本語では「だんだん(~になる)」とか「すこしずつ」とか「ますます」とか、そんな意味。


なにかを越えて来て、そしてさらに越えて行く。


すこしずつなにかを変えていく、変わっていく、っていうのは、きっとそういうことなんだ。
そんな風に思える。



(ところで。おばあさん達の腰のすわったような穏やかさって好きだなぁ♡)




( OLYMPUS E-510 )

nice!(14)  コメント(2) 

壁の魚 [上海>>西塘]

shanghai_319.jpg




ちょっと遠出したくなってきた今日このごろ。
西塘を懐かしく思い出してみたり。





( OLYMPUS E-510 )

nice!(13)  コメント(5) 

水路へ。 [上海>>西塘]

shanghai_305.jpg



小道@西塘


そろそろお出かけしたくなってきた今日このごろ。
私たちの連休は杭州旅の頃だったけど、日本は今まさに連休中なんだよね。

よい連休を♡




( OLYMPUS E-510 )

nice!(10)  コメント(3) 
前の10件 | - 上海>>西塘 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。