So-net無料ブログ作成
検索選択

境遇 [上海]

20131224_05_Lr_0007.jpg



工事現場で暮らす母娘の話。



続きを読む


nice!(13)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

夕阳碎片 / Xiyangsuipian [上海]

shanghai_644.jpg




夕陽のかけら



右手の建物の角からは
物乞いさんの奏でる尺八のたよりない音色が
漂っていた。


街に物乞いさんはかなりいる。
最初は本当に吃驚した。
最後までどうしたらいいのかわからなかった。






( iPhone × TiltShiftGenerator )

nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

我也看了征婚片 / Wo ye kanle zhenghunpian [上海]

shanghai_754.jpg




幸せになりますように、と思いながら。





( iPhone × TiltShiftGenerator )

nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

某日晒晒的 / Mouri shaishaide [上海]

shanghai_241.JPG




あの路地の別のある日。






( iPhone × TiltShiftGenerator ) )

nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

回忆豫园灯会 / Huiyi Yuyuan denghui [上海]

shanghai_794.jpg




波打つ人ごみの上から手を伸ばして。



ふりかえってみれば
夜の上海をひとりでフラフラすることが平気になったのは
春節の終わり、元宵節の豫園の灯篭祭りへ行ってから。

嬉しそうな顔の人の波に揉まれて
灯篭の揺れる豫園商城をくまなく歩いて
帰りはバイタクで南京東路まで。

事前交渉した代金も、元宵節ということもあってか
タクシーに比べて大して安くなかったけれど
なんとなく物足りなそうな顔をしたのを察知して
言われる前にお大臣気分で追い代金したのも、いい思い出

まぁ後のお客さんのことを考えたら良くないことだったかもしれないけれど
元宵節は家族と過ごす日だし、酔っぱらってもないのに気分良く(ノ∀`)



・・・うん。楽しかったなぁ。


その夜だけじゃなく、あの国で暮らしたこと自体が。






( RICOH GX100 )

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

寂寞的小狗 / Jimo de xiaogou [上海]

shanghai_505.jpg




そ、そんな目で見ないで(ノ∀`) @新場鎮





( OLYMPUS E-510 )

nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

养鱼箱子 / Yangyu xiangzi [上海]

shanghai_438.jpg




とあるスーパーの生簀。



よく行っていたカルフールの魚売り場の生簀は
上海の人たちがよく食べる淡水に住む魚や蟹やいきものばかりだった。

外国人が多く訪れるこのスーパーの生簀のなかは
珍しく海のもの。

石斑魚やハマグリやあわび。
(石斑魚はアッチで知った魚。調べてみたらハタだった。)


レストランでお刺身やお寿司、焼き魚を食べることはできたけど
魚を買ってきて家で料理して食べるということはできなかったので
この生簀の前では長いこと足を止めて
見入ってしまった(*´ω`*)






( iPhone × TiltShiftGenerator )

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

正大广场 前景 / Zhengdaguangchang qianjing [上海]

shanghai_409.jpg




正大広場



陸家嘴にあるショッピングモール、正大広場には
なんだかんだで、よく行った。

MUJIもユニクロもH&Mもあるし、
ドラッグストアのWatson'sもあるし、
VANSもcrocsも売ってる。
トイザらスもあったなぁ。
地下にはスーパーも入ってる。

好きなショップも入ってたし
スタバでひと息ついてみたり
台湾の名店、鼎泰豊に何度もひとりで入って
さっぱりした海老そばや、小籠包、マンゴー氷を食べたりした。
マンゴー氷は一人には多いと止められたけど、どうしても食べたいと言って注文して
すごく美味しいけど、やっぱりすごく多くて
ゲームみたいになった、意地汚い思い出もある(ノ∀`)

本屋さんも、もっともっとじっくり見たかったなぁ。


こうして書きつらねてみると
まだまだココにやり残した感があるような気がしてきたけど(笑)


一番好きだったのは、

地下鉄の駅から大きな歩道橋を渡って
正大広場の正面に下りる階段の上から眺める、

(いろんな国や地方からやってきた沢山の人達が、この建物にワーッと吸い込まれたり吐き出されたりしている)



この光景。






( iPhone × TiltShiftGenerator )

nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

看了鳔鱼 / Kanle biaoyu [上海]

shanghai_791.jpg




「エイを見たよ」



その日、上海水族館にいた
どこか遠くから来たらしき、大人だけの団体。

彼らは帰って、留守番していた子供たちに、どんな風に話しただろう?


エイがたくさん泳ぐ大きな水槽の前に
なんとなく佇むといった風情だった。





バルザックと小さな中国のお針子

バルザックと小さな中国のお針子



中国の近代史はなかなかタフなので、
合間合間にひと息つきたい(ノ∀`)
や、歴史というのはどの国でもそうなんだろうけど。

ホントは内田百閒先生の「第二阿房列車」も「百鬼園随筆」も読んだので、
息はつきまくりだったけど(*´ω`*)

この本は、フランス在住の中国人作家による小説。
時代は文革のころ。僻地の山奥に下放された青年ふたりと地元の女の子の物語。

中国の叙情的な青春映画を観たあとのような読後感。
瑞々しくて切ないけど、いくらかのおかしみもある感じの。
日本の「叙情的」とはまた違う、サラリとした風合いの。


作者のダイ・シージエ氏は、実は映画監督が本業。
文革期、実際に下放されて四川省の山岳地帯で”再教育”を受け
解放後、大学へ通い、国費留学生としてフランスへ渡った経歴の持ち主。
この小説も彼自身によって映画化されてるので、個人的に観たいところ。


きっと映画観ても、甘酸っぱさにやられるんだろうなぁ(ノ∀`)





( RICOH GX100 )

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

办法的不同 / Banfa de butong [上海]

shanghai_202.JPG




やり方の違い。


ギャラリーの展示準備をしているらしき空間。
小さな空箱が床に山積みされていた、作業途中の一角。

日本人ならきっと、空き箱を直接ゴミ袋に入れながら作業する場面。

「後で、まとめて入れたって同じじゃないか」と言われたら
「うん、そうだね」と返事しながらも、「でも・・・」と言ってしまいそうな、
そして「日本人、いちいち細かいな!」って若干ムッとされそうな場面(ノ∀`)


きっと異国で仕事をするときって
こういう小さいことが積もり積もって苦労になることも多いんだろうなぁ・・・
そんなことを思った。





( iPhone × TiltShiftGenerator )

nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。